の国旗
の国旗

スリナム


黒松内町

オンライン交流&合意書協定式

事業内容

スリナム共和国スリナム五輪委と黒松内町をオンライン会議システムでつなぎ、鎌田満町長と同委のラモン・ジョナファット会長が合意書にそれぞれ署名し、ホストタウン協定を結んだ。その後、ホストタウン受け入れ実行委員会「サーマン・ドロームプロジェクトチームの委員と日本語クイズや町内のコーラスサークルによるスリナム国歌の披露をし交流しを深めた。

オンライン交流&合意書協定式

  • スリナム五輪委と黒松内町の記念撮影

  • スリナム五輪委と町民との交流の様子

  • コーラスサークルによるスリナム国歌の披露

成果報告

スリナム五輪委と黒松内町長及び町民の初めてオンラインによる交流を通じ、黒松内町からは「皆さんと会えるのを楽しみにしている」とメッセージを送ることができ、五輪委会長からは、「黒松内町と調印ができて光栄だ」というお言葉をいただき、ホストタウンとして友好的な関係になることができた。また、町民による交流プログラム、国歌の披露を大変喜んでいただき、官民一体となってこの事業を成功させるという機運を高めることができた。

オリンピアンによる「夢授業」

  • 荻原健司氏のプロフィール紹介映像

  • 真剣に聴き入る中学生の様子

  • 中学生から荻原さんへの質問している様子

成果報告

 「荻原健司の夢授業~希望と未来の1時間」  世界から「キングオブスキー」と呼ばれ、オリンピックで二大会連続金メダルを獲得した荻原健司氏が中学生を対象としたオンラインによる「夢授業」を行いました。「夢ってなんだろう」「どうやって夢に向かい色々なことを乗り越えていけばいいのか」荻原さんが「希望」について中学生にわかりやすく話してくれました。中学生は 本物のスポーツ選手のお話を目をキラキラさせながら時には大きくうなづきしっかりと聴いていました。これから歩むそれぞれの道しるべになったと思います。

がんばれスリナム 

成果報告

スリナムとオンラインによる合意書の調印式が2021年1月15日に行われました。スリナムのオリンピック関係者及び予定されている選手の皆さんと黒松内町長はじめ運営委員会の皆さんとの初交流会。緊張感の中で始まりましたが、スリナムの皆さんの素敵な笑顔と黒松内町との交流を楽しみにしていますとのコメントに交流会は一気に友好ムードとなり、調印式終了後の日本語を知ってもらうためのクイズやスリナムの国歌斉唱など大変有意義な時間でした。ここからはじまる交流に「スリナムをもっと知りたい」「黒松内をもっと知ってほしい」「スリナムの選手を応援したい」など期待が膨らむ交流となりました。黒松内町の紹介、町民から応援メッセージを動画してスリナムへ届けます。

ポスター紹介

ポスター紹介

工夫した点

スリナム共和国と黒松内町の共通点であろう「豊かな自然」を強調し、黒松内町民のあったかな気持ちとスリナムの選手団の皆さんが訪れてくれることを楽しみにしていることがが伝わるようなポスターとしました。

ポスター画像