の国旗
の国旗

ガボン

復興ありがとうホストタウン /
二戸市

ガボンと二戸市 未来に羽ばたけ子どもたち

事業内容

これまで、主に子どもたちを対象に取り組みを進めてきました。応援メッセージや国歌合唱の動画制作に加え、オンラインでのクリスマスパーティー、応援メッセージカードの製作など、「今だからできること」に取り組んだことで、子どもたちにとって大きな思い出になるとともに、将来、夢を持って活躍する大人になってほしいという願いを込めました。

オンラインでクリスマス・パーティー!

  • 「元気ですか?二戸市です!」

  • オンラインでつながる楽しさも

成果報告

 ガボンと二戸市の同年代の子どもたちがオンラインで直接交流し、ホストタウン活動への理解を深めようと、2020年12月12日に開催しました。二戸市からは合唱団「カシオペア・キッズクワイヤー」の、小学3年生から中学1年生までのメンバー10人が参加し、ガボンからは、エリート・コンプレックス・スクールに通う、9歳から12歳の児童10人が参加しました。  お互い、はじめはやや緊張気味でしたが、全員の自己紹介や歌のプレゼント交換、質問交換を行いました。二戸から「好きな食べ物は何?」と聞くと「チキンが好きです」との答えに「同じだ!」と反応したり、ガボンからの「いつかガボンに来てみたいと思う?」という質問には、二戸市のメンバー全員が手をあげたりしました。最後は、ガボンの国歌を一緒に歌いました。  オンラインでも直接会話ができたことで、ホストタウンとしての共通理解が進み、より「絆」が深まったと思います。

応援メッセージをつくりました!

  • 仁左平小児童のメッセージ

成果報告

 これまで二戸市では、復興ありがとうホストタウンに登録されて以降、小中学校や高校において、相手国ガボンについて学ぶ講座を開催しています。  そのうち、仁左平(にさたい)小学校では、この講座で学んだことや、それぞれの取り組みを通じて、ガボンという国を知るとともに、遠い国の選手にエールを送るため、応援メッセージカードを作成しました。  全校児童36人という小さな学校ですが、実に「36人36色」のカードに、熱いメッセージを書いてくれています。この思いをぜひ、ガボンの皆さんにもお届けしたいと思います!

ポスター紹介

ポスター画像