の国旗
の国旗
の国旗
の国旗

マダガスカル/スペイン

共生社会ホストタウン/先導的共生ホストタウン /
宇部市

アバターロボットを活用したオンライン交流

事業内容

コロナ禍においても、共生社会の理念についての市民意識の醸成やホストタウン相手国との交流を継続的に推進していくため、ロボットなどの最新技術を活用し、相手国パラアスリートと市民との間でリアルタイムの遠隔交流を実施する。また、共生社会ホストタウンとしての活動を市民が応援・サポートする仕組みを導入することにより、ホストタウン相手国に対する市民理解の深化を図るとともに、大会終了後のレガシー構築につなげる。

アバターロボットを活用したオンライン交流

  • 小学校でのロボットを通じたオンライン交流

  • ジュニアサポーターとのオンライン遠足

成果報告

2019年12月に来宇し、市内小学生とボッチャを行うことにより交流を深めたマダガスカル共和国のパラアスリート、マヘファ・エリアズ選手が、コロナ禍の下、2020年11月に自走式アバターロボットを通じて小学校を訪問、小学生とオンラインで再会を果たした。児童は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会でのエリアズ選手の活躍を願い、「頑張って!」と元気にエールを送った。また、ロボットを活用し、エリアズ選手に自国にいながら、「ときわミュージアム世界を旅する植物館」を楽しんでもらう"オンライン遠足"も実施。若い世代に向けた共生社会への意識醸成を目的に結成した「宇部市共生社会ホストタウンジュニアサポーター」が、館内のガイド役を担った。これら高度化したITツールの活用による次世代型の交流事業の実証によって、今後のWith/Afterコロナ社会における持続可能なホストタウン交流の手ごたえを掴んだ。

ポスター紹介

ポスター紹介

工夫した点

ホストタウン相手国をイメージできるデザインを意識した。背景にはスペイン王国の国旗に使われている赤色と黄色を配し、中央にはマダガスカル共和国及びアフリカを象徴するバオバブの木を据えた。 本市が実施した共生社会実現のための取組が大地に染み込み、宇部市共生社会ホストタウンジュニアサポーターという時代を担う若い世代の育成に繋がった様子を表現した。

ポスター画像