の国旗
の国旗
の国旗
の国旗

ネパール/オーストラリア

共生社会ホストタウン/先導的共生社会ホストタウン /
神戸市

あなたの周りの「バリア」をもっとクリアに

事業内容

東京2020パラリンピック、ワールドマスターズゲームズ2021関西および神戸2022世界パラ陸上競技選手権大会に向け、競技場までのルートや主要な観光施設のバリアフリー情報をバリアフリーマップアプリを使用して発信します。他にも、ホストタウン相手国となっているネパールパラ水泳チームに向けたトレーニング動画の作成や、パラリンピックの機運醸成のため車いすレーサー体験を実施しました。

車いすレーサー体験の実施

  • 車いすレーサー試乗体験

  • VR車いすレーサー体験

  • 応援動画の撮影

成果報告

○取組内容:パラスポーツイベント内で、車いすレーサー試乗体験ブース(「パラ・スポーツ王国 HYOGO&KOBE夢プロジェクト 2020」ではVR車いすレーサーの体験ブース)を設置し、イベントに参加する幅広い層にパラスポーツを体験していただきました。 ○成果内容:パラスポーツイベントに参加した幅広い層の方々に車いすレーサー試乗体験・VR車いすレーサー体験に参加していただいたり、パラ競技のパネル展示を行ったことで、東京2020パラリンピックのPRはもちろん、パラリンピックの盛り上がりを継承して2022年に神戸で開催される、世界パラ陸上競技選手権大会のPRにも繋がりました。また、イベント内でホストタウン紹介のパネル展示や、相手国からのメッセージの放映、相手国への応援動画の撮影を行ったことで、イベント参加者に神戸市のホストタウン事業について知っていただくことができました。

トレーニング動画によるネパール支援

成果報告

○取組内容:ネパ―ルパラ水泳チームのトレーニング合宿時に交流実績のある、神戸市立美賀多台小学校に協力いただき、応援動画を撮影し、ネパールに送付しました。また、ネパールにおいては、障がい者水泳の指導者がおらず、冬場にはプールでの練習ができない上に、今年度は感染症対策による外出制限からトレーニングがままならない状態であったため、パラリンピックに向けて自国でもトレーニングが行えるよう、トレーニング動画を撮影・編集し、ネパールチームに送付しました。 ○成果内容:Facebook上に、ネパールパラ水泳チームの誰もが見られるように動画を公開することで、これまで神戸でトレーニング合宿をすることができなかったネパールパラ水泳のメンバーも、動画を通して日本身体障がい者水泳連盟競技技術委員である酒井コーチの指導を受けることができるようになりました。

アプリ「WheeLog!」を活用したバリ

  • バリアフリートイレの設備の調査

  • 交通駅のバリアフリー調査

  • 有馬温泉のバリアフリー調査

成果報告

○取組内容:東京2020パラリンピック事前合宿、ワールドマスターズゲームズ関西2021および神戸2022世界パラ陸上競技選手権大会で神戸を訪問する選手や観戦客に対して情報提供するため、市内の競技施設、宿泊施設、有馬温泉等の観光施設、交通駅等のバリアフリー状況を調査し、バリアフリーマップアプリ「WheeLog!」を活用して発信し、主要エリアについてはバリアフリーマップを作成しました。 ○成果内容:バリアフリー情報の共有を目的に作られた専用アプリを活用し、調査で得られた情報や車いすでアクセスできるルートをマップに落とし込むことで、大会で神戸を訪問する外国人が自身で目的地にアクセスできる環境を整備しました。また、大会関係者はもちろん、神戸在住の障がい者や高齢者が日常的に役立てることができるよう、今後もアプリの活用を積極的に働きかけ、バリアフリー情報ををさらに蓄積していきたいと思います。

ポスター紹介

ポスター紹介

工夫した点

バリアフリーの「バリア」という言葉からは、一般に「お年寄りや車いすユーザーにとって障壁になるもの」が想起されますが、今年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、ホストタウン相手国との渡航を伴う交流ができないなど、多くの不便(バリア)を感じました。ポスタ―の中では、実は私たちの身の回りに偏在する「バリア」について取り上げ、様々な工夫により楽しみながらバリアを乗り越えていく様子を表現しています。

ポスター画像