の国旗
の国旗

ブラジル

共生社会ホストタウン/先導的共生ホストタウン /
遠野市

共に生きるを創るため、「とも活」始動!

事業内容

 遠野市では相手国とのホストタウン交流として、中高生が地域の魅力を伝える映像を制作したほか、延期となった東京大会に向け、相手国の選手などに応援メッセージ動画を制作。また、心とまちのバリアフリー化を推進するため、市民みんなで取り組む活動「とも活」として、障がい者と健常者が一緒になってバリアフリー実態調査を実施するとともに、事業者向けに認定制度を設けるなど、共生社会の実現に向けた取り組みを実施。

映像制作を通じたホストタウン交流

  • 取材技術を学ぶ中学生

  • 地域の人を取材する高校生

  • 取材後の記念撮影

成果報告

 本市のホストタウン交流による地域活性化において欠かせない存在である子ども達。中高生が相手国の応援、心のバリアフリー、大会後の継続的な交流を目的として映像制作に取り組んだ。  中高生は、テーマやシナリオを作る方法を一から学び、地域の魅力を発信するために様々な人を取材。取材を通して、地域や人、モノ、コトの魅力に気づくよい機会ともなった。  制作した映像は、市内はもとより国内外に広く情報発信。ホストタウン事業の認知度向上、東京大会への機運の醸成はもとより、今後、地域の活性化につなげていく。

「遠野市共生社会実践事業者」認定登録制度

  • 遠野市共生社会実践時事業者ロゴステッカー

成果報告

 共生社会の実現に向け心とまちのバリアフリー化を推進するため、市民みんなで取り組む活動「とも活」。その活動の一環として、ハード面のバリフリーに対応している事業者、ソフト面のバリアフリーに対応している事業者を実践事業者として認定登録する制度を創設。  共生社会の実現に向け、市内全域での取組を推進する。

ホストタウン応援メッセージ動画

  • 遠野市長からのメッセージ

  • 中学生からのメッセージ

  • 事前合宿で交流を深めた市民のメッセージ

成果報告

 ホストタウン相手国であるブラジルの選手及び国民に向けた応援メッセージ動画を制作。  メッセ―ジ撮影には、遠野市長をはじめ、2019年の5人制サッカー事前合宿の際、交流を深めた市民の方々に協力をいただき、激励の言葉や再会を願う想いを伝えた。  ホストタウンを通してつながり、延期となった東京大会に向け、そして、大会を超えたつながりを未来に向けて築いていく。

ポスター紹介

ポスター画像