の国旗
の国旗

デンマーク

共生社会ホストタウン /
登別市

Be Smile Noboribetsu

事業内容

新型コロナの影響で、デンマークの選手を迎え入れられず、また、コロナ禍によりストレスが蓄積され、市民生活に大きな影響を及ぼしました。デンマークとの交流や共生社会について市民に理解を深めてもらうきっかけが当初の予定より少なくなってしまったことから、映像交流事業の実施やバリアフリーマップの作成により、来年度予定のオリパラに向け機運の醸成を図りました。

Be Smile Festival

  • Be Smile Fes①

  • Be Smile Fes②

  • Be Smile Fes③

成果報告

新型コロナの影響で東京オリパラが延期となり、デンマークの選手を迎え入れられず、また、コロナ禍により見えないストレスが蓄積され、市民生活に大きな影響を及ぼしました。このことから、今年登別に来られなかったデンマークオリパラ選手の紹介や、車いすテニスプレイヤーである眞田卓選手によるトークショー、みなさんご存じの『さかなクン』によるトークショー等を通じて、オリパラや共生社会等に関する理解を深めてもらい、市民の「笑顔」を取り戻すことを目的とし、この街で「ワクワクするような体験」「新しい知識」「世界で活躍する人」「将来への夢」と出会えることを願い、この事業を実施しました。

登別版バリアフリーマップ

  • バリアフリーマップ写真

  • バリアフリーマップ掲載内容

成果報告

 市内外や海外から障がいのある方が本市を訪れる前又は訪れた際に、公共施設や駅、温泉宿泊施設、景勝地等のバリアフリー情報をインターネット等で確認することにより、障がいのある方等に対してやさしいまちづくりを目指します。  Googleマップに公共施設及び民間施設のバリアフリー情報を掲載し、スマートフォンやタブレット端末で簡単にかつまとめて情報を確認することができるように取り組みました。

ホストタウンポスター

  • ホストタウンポスター①

  • ホストタウンポスター②

  • ホストタウンポスター③

成果報告

 ホストタウンの相手国であるデンマーク王国との交流や、ホストタウンに係る取り組み及び今後の展望等を記載したポスターを作成し、市内公共施設や教育施設等に掲示することでオリンピック・パラリンピックへの機運醸成を図ります。  作成したポスターは公共施設16箇所、教育施設15箇所に掲示し、共生社会への理解や機運醸成の促進等につなげるよう取り組みました。

ポスター紹介

ポスター紹介

工夫した点

デンマーク王国国旗を全体のモチーフとし、登別市を代表する登別温泉街の”地獄”谷や、”鬼”のイメージカラーである赤色をかけ合わせたデザインとし、登別市とデンマーク王国との『つながり』を表現しました。

ポスター画像