の国旗
の国旗

チリ

共生社会ホストタウン /
三鷹市

アルマ望遠鏡がつないだチリとの交流

事業内容

交流元年となる今年度は、同国の応援と市民の気運醸成を図るため、チリに向けた応援メッセージや国歌を斉唱する動画の作成のほか、チリ関係者による天文や料理をテーマとしたオンライン講座の開催、パネル展示等広く市民へのPRを実施し、チリとの交流と取り組みに対する市民の理解促進を図りました。実施にあたっては、事業ごとに障がいのある方にも参加いただく工夫を施すことで、共生社会の実現にも取り組んでいます。

アルマ望遠鏡で知る最新の天文学講座

成果報告

令和2年12月6日(日)、国立天文台のチリ人を含む3人の天文研究者による、ZOOMを使ったオンライン講座を開催しました。 オンラインの特性を活かし、チリで研究をされている講師にも現地から参加いただくことができ、また、共生社会の実現に向けて手話での同時通訳を行うことで、聴覚に障がいがあるかたでも楽しめる内容としました。 講座では、始めにアルマ望遠鏡の使命やその性能のほか、なぜ望遠鏡がチリにあるかなどをご紹介いただき、続いて望遠鏡を使用して講師が取り組んでいる研究「星の誕生」について講演いただくなど、アルマ望遠鏡にちなんだ貴重なお話をたくさん伺うことができました。 最後の質疑応答の時間には、参加者から多くの質問が挙げられ、市民と講師との交流に華が咲くなど、市民が天文を通じてチリとつながる貴重な機会となりました。

チリの料理と食文化を学べるオンライン教室

成果報告

令和2年12月12日(土)をはじめ、全3日間の日程で、チリ出身の料理家、リカルド・ゴンザレスさんをお招きし、クリスマスや記念日などで作られるチリ料理を学べるオンライン教室を開催しました。障がいのある方も一緒に参加いただけるよう、各1時間という時間で2品の料理を体験してもらう工夫として、各食材について予め調理を施し、パック詰めにして参加者へ送付しました。パステルデチョクロやエンパナーダなど、普段食べることのない異国の料理を作るだけでなく、その料理にまつわるチリでの食文化の紹介や、講師の体験談などのお喋りを楽しんでもらうことで、料理を通じたチリとの交流に取り組みました。 参加者からは、「料理がとても美味しい」「チリに興味がわいた」「講師のお話が楽しい」など、チリを身近に感じる良い交流になりました。

チリ大使と市内中学生とのオンライン交流会

  • 交流の様子

  • チリ国歌斉唱

成果報告

令和3年1月28日(木)、フリオ・フィオル在京チリ大使と三鷹市立第二中学校合唱部の皆さんとのオンライン交流会を開催しました。 交流会では、合唱部の皆さんの優しい歌声による心のこもったチリ国歌が斉唱され、フリオ大使からは、「大使館のパーティで、直接披露してもらいたいほど、チリ人が歌うのと変わりない出来栄えで心から感動しました。」との素敵な感想をいただいたほか、質疑応答の時間では、中学生から「大使としての仕事について」や「チリの一番の自慢な事柄」などの質問がなされるなど、30分という短い時間でしたが、和やかな交流が行われました。 実施後のアンケートでは、参加した中学生の全員が本事業への参加について「とても満足」と回答したほか「国歌を通じてチリを深く知ることができて良かった」などの感想をいただくなど、参加者にとって、普段体験できることのない貴重な時間となりました。

ポスター紹介

ポスター紹介

工夫した点

令和2年度は、ホストタウンの登録を契機に、「天文」「料理」「動画」等をつうじて、チリと三鷹市との交流が深まった1年となりました。 ポスターでは、「ホストタウン」「共生社会ホストタウン」の登録に至ったチリと三鷹市との関係や、多彩な取り組みにより生まれたチリと市民との交流をご紹介しています。 事業の様子や市民と活動した内容が分かる動画を作成し、YouTubeで公開していますので、ぜひご覧ください。

ポスター画像