の国旗
の国旗
の国旗
の国旗
の国旗
の国旗
の国旗
の国旗
の国旗
の国旗

アンティグア・バーブーダ/ドミニカ/グレナダ/セントクリストファー・ネイビス/セントビンセント・グレナディーン

共生社会ホストタウン /
徳之島町・天城町・和泊町・知名町・与論町

パラリンピアン・パラアスリートによる交流

事業内容

共生社会ホストタウン登録を目指す5つの自治体が連携した取組として、パラリンピアン上原大祐氏による「心のバリアフリー」に関するワークショップや地元パラアスリートによるパラスポーツ体験会を開催した。また、「世界はもっとひとつになれる」への応援メッセージ動画を作成し、各自治体1本とカリブチームとして合同1本を作成して掲載。

おきのえらぶパラスポーツフェスティバル

  • 高齢者疑似体験

  • 車いすバスケ体験

  • ボッチャ体験

成果報告

和泊町・知名町の共同実施(与論町は参加協力)による「おきのえらぶパラスポーツフェスティバル」を開催した。11月に実施予定であったが、新型コロナウイルス感染者の確認により1月31日に延期となった。一般参加者60名、高校生ボランティア約20、スタッフ20名が参加し、鹿児島パラアスリートクラブより講師を2名招へいして車いすバスケやボッチャ、高齢者疑似体験などを行った。参加者はもとより、特に高校生はスタッフ、体験者として参加し、日常生活では味わえない貴重な体験により、共生社会への知見が広がったように感じた。また、実際にパラアスリートを受け入れるにあたって、様々な場所にバリアがあることを認識することが出来た。

上原大祐氏によるワークショップ

  • 視覚障害疑似体験

  • 誰もが使える文房具の提案

  • 上原大祐氏との記念撮影

成果報告

徳之島町・天城町の共同実施でパラリンピアン上原大祐氏(アイススレッジホッケー銀メダリスト)による「心のバリアフリー」に関するワークショップをオンラインで開催。天城町立兼久小学校3、4年生、徳之島町立井之川中学校全校生徒を対象に午前・午後と2回実施。児童生徒2人1台でタブレットを活用したオンラインでのワークショップで視覚障害等の疑似化による紙ののり付けやホッチキス使用を体験し、誰もが使える文房具の提案を行った。講話や体験活動からパラスポーツの特徴や障がい者に対する理解を深めた。

ポスター紹介

ポスター紹介

工夫した点

カリコム地域(カリブ共同体)の国々とホストタウン登録を行っている徳之島町・天城町・和泊町・知名町・与論町の5つの自治他が連携して交流事業を実施している。本プロジェクトは、各島でパラリンピアンや地元パラアスリートによるパラスポーツ体験会やワークショップを開催。特に多感な小中高性を対象とすることで、多様な価値観を学ぶことができた。

ポスター画像