の国旗
の国旗
の国旗
の国旗

モーリタニア/ニュージーランド

共生社会ホストタウン /
渋川市

「共生社会実現のまち 渋川市」

事業内容

大会を契機として障害の理解、さらには共生社会の実現に向けた取り組みを加速させ、まちづくりと地域課題への対応について多様な主体による解決へとつなげることを目的とした取り組みを展開してきました。各種団体と「共生社会実現のまち渋川市」推進共同宣言を行い、地域と共に取り組みを進めています。

社会にある「障害」を見抜き解決するために

  • バリアフリーセミナー1114

  • バリアフリーセミナー1117

  • DET新聞記事(幹部)

成果報告

障害者自身がファシリテーターとなって進めるワークショップ型の研修を実施しました。社会のなかにある様々な「障害」を見抜く力を獲得し、それらを解決していくための行動を形成することを目的とします。 市職員研修は、部課長級、係長級を中心とする中堅職員の3回開催し、行政における心のバリアフリーを加速させると共に、今後新人研修等一般職員研修に取り入れるよう検討していきます。 市民向けにも心のバリアフリーセミナーを開催し、多様な立場からの議論に、新たな視点が得られたと好評をいただきました。今後も共生社会実現に向けた取組を推進する姿勢を確立することを目指します。

ミニコミ誌で取り組みの輪を広げよう

  • デリジェイ10月号

  • デリジェイ1月号

  • デリジェイ2月号

成果報告

市のホストタウン交流の取り組みや、ホストタウン相手国の情報、共生社会実現に向けた取り組みを市民に周知すると共に、この活動を市独自から県域に広めることで誰もが暮らしやすい地域作りを目指すため、有力な地域コミニティ誌『月刊Deli-J』とタイアップをし、8月から翌年2月までの7ヶ月間情報発信を行いました。大会終了後も引き続き相手国との市民レベルでの交流や、共生社会のさらなる推進に取り組んでいきます。

誰もが楽しめる観光地に!

  • ユニバーサルツーリズム(全体)

  • ユニバーサルツーリズムワークショップ

  • ユニバーサルツーリズム(新聞)

成果報告

障害を持つ方を講師に招き、地元観光関係者、旅行代理店、行政職員を集め、渋川市版ユニバーサルツーリズム創出に向けたワークショップを開催し、観光という安定的な消費行動を伴う産業に昇華することで、共生社会という理念の継続性を担保し、「車いすでもあきらめない世界」、「だれもが、いつでも、自由に、気兼ねなく出かけられる渋川市」の実現に繋げることを目的に実施しています。

ポスター紹介

ポスター紹介

工夫した点

バリアフリーセミナーに参加した市民や共生社会推進共同宣言団体、共同宣言団体である企業の取組など、地域一体となって共生社会の実現に向けて取り組んでいる様子が分かるよう工夫しました。

ポスター画像