バーチャルエリア会場 エリア紹介

2021年7月23日~2021年9月5日の45日間、東京オリンピック・パラリンピック競技大会へ参加する国・地域と日本の自治体が多様な分野で交流を行った、「ホストタウン」の取組をバーチャル空間で紹介する「ホストタウンハウス」を開催しました!

ご挨拶

ホストタウンハウス開催にあたり、丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック担当大臣よりご挨拶をいただきました。


東京オリンピック・
バラリンピック担当大臣


東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に、世界中の大会参加国・地域と、日本の自治体が交流を行うホストタウンは、2016年1月に初めて44の団体が登録されました。 以来、ホストタウンは増え続け、これまで528自治体が登録されています。

いよいよ東京大会が始まります。大会期間中の7月23日から9月5日の45日間、世界の皆さんに大会史上初の取組であるホストタウンを紹介するオンラインイベント「ホストタウンハウス」を開催させていただくことにしました。 最初の登録からこれまでの5年間、全国のホストタウンでたくさんの交流が行われ、様々なストーリーが紡ぎだされました。

交流を通じて、多くの気づきがありました。世界にはこんなにも多様な食材、料理、食習慣があるのだということ、パラリンピアンと一緒に街を歩くことで普段感じなかったバリアを感じたこと、 そしてバリアは私たちの心の中にあるのだということ、十分な運動施設がない厳しい環境の中で大会を目指して練習に励んでいる多くのアスリートが存在すること、多くの方々がこれらのアスリートを支えていること、こうした多くの気づきが、私たちの大きな学びとなりました。

様々な調整を行っていく中では、多くの苦労もありました。 来日の知らせがあっても本当に来てくれるのか最後までやきもきしたこと言語の壁があってなかなか伝えたいことが伝えられずもどかしく感じたこともありました。

ホストタウンハウス動画 icon

※ホストタウンハウス開催当時の内容を掲載しております。

バーチャルエリア会場 エリア紹介

「ホストタウン」とは、日本の自治体と、2021 年に延期となった「2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京大会)」に参加する国・地域の住民等がスポーツ、文化、経済などの多様な分野で交流することを通じて、地域の活性化等に活かし、東京大会を超えた末永い交流を実現することを目的とした取組です。

バーチャルエリア会場 エリア紹介

外観
ウェルカムエリア
応援の輪
大陸国地域横連携エリア
活動報告エリア_食企画
活動報告エリア_共生社会ホストタウン
活動報告エリア_復興ありがとう
活動報告エリア_ホストタウン展示
シアターエリア

オンライン上のバーチャル会場に、さまざまなエリアを用意し、各エリアにてホストタウンと相手国・地域との交流の様子、ホストタウンの取組みなど多くのホストタウン活動を披露しました。

イベントの詳細はこちらからダウンロード

※約8MBのファイルがダウンロードされます。

Download the file for more information

※The size of the file is 8MB.

企画紹介

バーチャル会場の各エリアでご紹介したホストタウンの活動を是非ご覧ください。

応援の輪エリア
Cheer Circle Area

ホストタウンから広がる応援の輪。世界中から寄せられた選手への応援メッセージや選手からホストタウンへのメッセージなどを展示しています。

hosttown message

ホストタウン連携プロジェクトエリア
Host Town Collaboration Project Area

同じ相手国や地域を受け入れるホストタウン同士が連携し、それぞれの相手国・地域や自治体の特色を活かした食・文化・教育・音楽・スポーツなどの取り組みを行っている様子を紹介します!

hosttown message

テーマ別取組エリア
Theme Based Activities Area

相手国の料理を通じた交流や、「復興ありがとうホストタウン」・「共生社会ホストタウン」といった取り組みのご紹介など、日本全国のホストタウンが創意工夫を凝らした活動に取り組んでまいりました。その成果を皆様にご報告します!

シアターエリア
Theater Area

ホストタウンの発足から現在にいたる過程をホストタウンリーダー4名を通じて感じて頂ける「MY HOST TOWN HISTORY」の他、これまでのホストタウンの取り組みを食や文化、スポーツ、大陸別などにまとめた動画をご覧いただけます。

hosttown theater

ホストタウンサミット