東京都文京区

文京区は、1988年にカイザースラウテルン市と姉妹都市提携をしており、その縁を基盤として、2016年12月9日ドイツ連邦共和国のホストタウンとして登録されました。スポーツや文化、相互交流の取組を継続しながら、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の気運醸成に向けて、ドイツ人アスリートの招聘・交流、ドイツ語や文化講座を通じた身近な国際交流の場を創出するなど、ホストタウン事業を推進しています。

動画

動画

区長に聞く 東京2020大会に向けたホストタウンの取組

URL:https://www.youtube.com/watch?v=qUU6naqP9pc

ホストタウンになった経緯

文京区は、ドイツ・カイザースラウテルン市と1988年(昭和63年)3月に姉妹都市提携をしており、この間、公式訪問団の相互派遣、ホームステイ交換事業、文化・芸術・スポーツを通じた区民交流等を継続的に行ってきました。さらに区では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に、お互いの文化について知る機会を設け、一層の国際理解を促すとともに、パラリンピアンとの交流を行うことにより、障害者スポーツに対する理解を促進し、共生社会の構築につなげることを目標に掲げました。そこで、カイザースラウテルン市の縁を基盤として、ドイツ連邦共和国のホストタウン登録に申請し、2016年(平成28年)12月に登録されました。

相手国
・地域
× 競技

  • 基本
    情報
  • 自治体
    MAP
  • 関連
    リンク

Activity
Notice

2020.07.27 Released exclusive website for Host Town
“WE ARE ALL, ONE WORLD Light up HOST TOWN Project”

About the icons
Sort by date, event type, etc.

Activity
Report

Report of past Host Town activities
for Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games

About the icons
Sort by date, event type, etc.