共生社会ホストタウン

新潟県長岡市・新潟県

東京2020オリンピック・パラリンピックだけでなく、2018パンパシフィック水泳選手権、2019FINA世界水泳選手権のオーストラリア競泳チーム等の事前キャンプを受け入れ、同チームの滞在中には、公開練習や子ども・コーチへの指導、学校訪問などの市民交流を行ってきた。東京2020大会前も同様の交流を予定しており、交流を通じてトップレベルのスポーツに触れることで、競技力の向上、市民のスポーツへの関心の向上、国際交流の促進などスポーツによるまちづくりを推進する。また、オーストラリア競泳(オリ・パラ)チームの事前キャンプ受入れについて、長岡市と新潟県が協力して選手団の出迎えや見送りなどのおもてなしを行うことにより、オール新潟で地域活性化を図る。さらに、同国飛込チームの事前キャンプも受入れ、より多くの市民との交流を実施し、東京2020大会に向けた機運醸成を図る。

ホストタウンになった経緯

長岡市は水泳が盛んな地域であり、日本選手権や国民体育大会の開催実績のある県立長岡屋内総合プールも立地していることから、水泳の事前キャンプ誘致活動を実施。当市の立地環境や優れた練習施設に関心を示したオーストラリア競泳チームのスタッフが視察のため来訪し、その後協議を重ねて平成29年3月に東京2020オリンピック・パラリンピック等の事前キャンプ受入れについて連携協定を締結した。事前キャンプの受入れに際して、同チームと市民との交流をさらに促進するためホストタウン登録申請を行い、同年7月に登録された。

パラリンピアン等との交流

オーストラリアのパラ競泳チームの事前合宿を受入れ、公開練習やクリニック等の市民交流を予定している。また、車いすバスケ女子日本代表のキャンプを受入れ、小学生との体験教室を行う等、日本人パラリンピアンとの交流を数多く実施しており、今後も積極的に実施していく。

相手国
・地域
× 競技

  • 基本
    情報
  • 自治体
    MAP
  • 関連
    リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え