共生社会ホストタウン

福岡県大川市

 ペルー共和国パラリンピック委員会会長と「Zoom」を活用したオンラインでの協議を行った。初回の協議で、大川市の概要やイベント、両国の文化・教育面での交流を紹介し、ペルー共和国の選手の状況などを伺った。2回目の協議でパラ選手等との事後交流を行う旨の基本合意書を提案し了承された。
2021年1月27日に大川市長とパラリンピック委員会会長とで、オンラインでの基本合意書締結式を実施した。

ホストタウンになった経緯

 ペルー共和国と本市のつながりは、本市出身の画家のペルー共和国における洋画の創作活動が始まりで、現地に学校の建設費を寄贈するなどの教育支援をされたことに対して、ペルー国会議長から表彰を受けられたことなどが挙げらる。それらをきっかけに、ペルー共和国と本市の小学生の絵画交流が行われた。東京2020パラリンピック競技大会でペルー共和国のホストタウンとなり、スポーツ分野でもペルー共和国との末永い交流につなげていく。

パラリンピアン等との交流

2018年度の福岡県民体育大会では、大川市の筑後川総合運動公園でソフトボール競技が行われ、同会場で知的障害者の部のソフトボール大会も開催した。2020年度にはペルーの文化や日常会話で使えるスペイン語を紹介するハンドブックを制作し市民等に配布し理解を深め、事後交流では東京大会に出場するパラリンピアン(パラ水泳)を大川市に招聘し、スポーツ交流を実施する予定である。

相手国
・地域
× 競技

  • 基本
    情報
  • 自治体
    MAP
  • 関連
    リンク
  • 自治体名

    福岡県大川市

    住 所

    福岡県大川市大字酒見256番地1

    電話番号

    0944-85-5619

    ホストタウンの種類

    共生社会ホストタウン

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え