静岡県三島市

富士山の麓の「バレーボールのまち」である三島市では、2019年9月に、アメリカ男子バレーボールチームのワールドカップ前の強化キャンプを誘致し、市民や小学生への練習公開、三嶋大社への必勝祈願、東レアローズとのエキシビションマッチなどを当該チームの選手・スタッフ等と共に実施しました。また、市内小学校では、アメリカ料理(感謝祭料理)を取り入れた給食の提供やクックパッド株式会社と連携したアメリカ料理(ベイクドポテト)調理体験、アメリカ男子バレーボールチームへの応援絵手紙の送付などを行い、アメリカ文化の学習や体験、選手・スタッフ等との文化交流を行っています。

ホストタウンになった経緯

アメリカに姉妹都市(パサディナ市)があることと2015年のバレーボールワールドカップの際に、地元Vリーグチームである東レアローズと連携してアメリカ男子バレーボールチームの強化キャンプを誘致したことを切っ掛けに、第一次登録でアメリカ合衆国のホストタウンになりました。

相手国
・地域
× 競技

  • 基本
    情報
  • 自治体
    MAP
  • 関連
    リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え