佐賀県

佐賀県はフィンランドとタイのホストタウンとして、両国とスポーツや文化などの面で交流を推進しています。フィンランドは、佐賀のゆったりとした風景が似ていることなどから、オリンピック代表選手団の事前キャンプ地に選んでいただき、本格的に交流がスタートしました。2019年11月には、北欧デザインやサウナなど日本人にも人気のフィンランド文化にふれるイベント「フィンランドウィーク」を佐賀市で開催しました。オリンピックでは陸上やボクシングなど最大16競技の事前合宿を佐賀市で受け入れることが決まっています。タイとは、タイ王国文化省芸術局と文化交流に関する覚書を結んでおり、毎年10月には「タイフェスティバル」を佐賀市で開催し、交流を深めています。鹿島市にある祐徳稲荷神社は、タイ映画の舞台になったことから、タイ人に人気の観光地となり、友好団体がタイ人観光客向けのボランティアガイドを行ったりするなど、民間でのおもてなしの取組も進められています。オリンピックではボートとアーチェリー、パラリンピックではアーチェリーのタイ代表選手による事前合宿が県内で行われます。

ホストタウンになった経緯

2018年11月、県はフィンランドオリンピック委員会と東京オリンピックの事前キャンプ実施について覚書を締結しました。フィンランドは「幸福度ランキング世界一」に選ばれるなど、魅力が多い国であることから、スポーツをきっかけに様々な分野に交流を広げるため、2019年2月にフィンランドのホストタウンになりました。タイは、2013年から県がタイ映画・ドラマのロケ誘致を積極的に行い、県内各地で撮影が行われたことから、佐賀のロケ地を巡るタイ人観光客が飛躍的に増加しました。このつながりをさらに文化交流やスポーツの事前キャンプ誘致へと広げ、タイとの絆を強くするため、2018年2月にタイのホストタウンになりました。

相手国
・地域
× 競技

  • フィンランドの国旗 フィンランド

    陸上競技 / ボクシング / フェンシング / アーチェリー / レスリング / テコンドー / 柔道 / 空手 / バドミントン / バレーボール / 卓球 / 体操競技 / 射撃 / カヌー(スプリント) / ウエイトリフティング / 自転車競技(ロード)

  • タイの国旗 タイ

    アーチェリー / ボート / パラアーチェリー

  • 基本情報
  • 自治体MAP
  • 関連リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え