徳島県・鳴門市・那賀町

「徳島県・鳴門市・那賀町」は「ドイツ」のホストタウンです!東京2020大会では柔道,カヌー,ハンドボール代表チームを受入れます。これまでも各代表チームの事前キャンプや強化キャンプ等を受け入れ,県内選手との合同練習や県民の方々との交流を通して友好を深めました。そのほか,徳島県が友好交流提携を結ぶニーダーザクセン州と文化,スポーツ,教育等の幅広い分野で交流を行っています。また,ドイツとのホストタウン交流の架け橋である「徳島県立那賀高等学校カヌー部」は,「徳島ホストタウン特使」として,ドイツカヌー連盟へのPRや相互訪問による現地の選手とのカヌー交流など様々な場面で活躍しています。徳島の魅力あふれる「食・文化・自然」で,「おもてなしするんじょ!」

動画

動画

ドイツ・カヌー代表チーム強化キャンプ

https://youtu.be/8aTJc2wJeMg

ホストタウンになった経緯

第一次世界大戦時,現在の鳴門市内にある「板東俘虜収容所」に収容されたドイツ兵と地元住民の間で交流が生まれたことをきっかけに,これまで長い間,ドイツとの友好関係を育んできました。1974年に鳴門市とリューネブルク市が姉妹都市盟約を締結,2007年には徳島県とニーダーザクセン州が「交流に関する共同宣言」に調印。さらに,スポーツ分野では,2012年に徳島県体育協会(現 徳島県スポーツ協会)とニーダーザクセン州スポーツ連盟の間でスポーツ交流協定を締結し,柔道,カヌー,ハンドボール,剣道,マラソン等の交流を進めてきました。こうした歴史を背景に,徳島県・鳴門市・那賀町がドイツのホストタウンとして共同登録。柔道,カヌ ー,ハンドボール代表チームの事前キャンプ受入や交流を実施します。

相手国
・地域
× 競技

  • ドイツの国旗 ドイツ

    柔道 / カヌー(スプリント) / ハンドボール

  • 基本情報
  • 自治体MAP
  • 関連リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え