岡山県津山市

津山市とモナコは武道が盛んであるため、武道を通じて継続的な交流を行います。モナコから料理関係者を招きおもてなし料理開発を行い、大会後に招聘するオリンピック関係者に振舞うなど、スポーツ、文化、伝統芸能、食を通じた交流により、将来を見据えた人材育成と武道による地域の活性化を目指しています。

動画

動画

ホストタウンになった経緯

岡山県津山市は、岡山県北部に位置し、中国山地の山あいにある、人口10万人の都市です。713年に美作国が設けられ、国府が本市に置かれて以来、岡山県北の中心地域として栄えてきましたが、現在では、人口が減少傾向にあり、特に若者の社会減が顕著となっております。 このような状況の中、県北の拠点都市津山の再興を目指し、地域の歴史、風土、そして人を大切に、地域の特色を生かした魅力あるまちづくりを進めています。 持続的な発展を可能とする社会を構築するためには、地域を支える人材の確保と育成が必要であるという考えのもと「将来を見据えた人材育成」に重点的に取り組んでおり、多文化共生の意識啓発や国際親善の推進、グローバル人材の育成とともに、本市の魅力再発見を進めていくため、ホストタウン登録を行うことになりました。 本市は、以前から武道が盛んな地域であり、武道を通した青少年健全育成を図るため、国体を契機に市内7武道競技団体による津山武道学園を設立し、平成30年にはフランスとの剣道交流を行った経緯もあることから、武道と縁が深い国であるモナコ公国を相手国としたホストタウンになりました。

相手国
・地域
× 競技

  • 基本
    情報
  • 自治体
    MAP
  • 関連
    リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え