復興ありがとうホストタウン

岩手県宮古市

〇ナミビア共和国(ただいま・おかえりホストタウン)
 ラグビーワールドカップ2019™日本大会では、「ナミビア対カナダ」戦(釜石鵜住居復興スタジアム)が台風第19号の影響により中止となった。しかし、ナミビア代表チームから「台風で被災した市民の皆様を元気づけたい」との申し出があり、市民と選手たちとの交流会が行われた。また、同年12月には在ナミビア共和国日本大使館の原田全権大使を招き、ナミビア共和国について講演会を開催し、市内の生徒・教職員、計180人が参加した。在日本ナミビア大使館のモーヴェン・M.・ルスウェニョ全権大使も、宮古市の第33回宮古サーモン・ハーフマラソン大会に出席頂くなど交流を図った。

〇シンガポール共和国(復興ありがとうホストタウン)
 シンガポール赤十字社より、宮古運動公園陸上競技場の備品購入用の寄付金をいただき、平成29年2月29日に購入した備品の納入が完了。同年7月12日に同競技場の落成式を開催し、シンガポール赤十字社へ感謝状を贈呈した。

〇今後は、オリンピアンやパラリンピアンと小中学生との交流や、宮古市の防災の取り組みを発信するなど、さらなる交流を図っていく。

ホストタウンになった経緯

〇ナミビア共和国
 ラグビーワールドカップ2019™日本大会において、ナミビア代表の公認チームキャンプ地に決定したことを契機に、継続した交流が図られるようスポーツ交流、青少年等の異文化交流、国際交流の推進、震災の経験と教訓の発信を行い、ホストタウンとなった。

〇シンガポール共和国
 東日本大震災により被災した宮古運動公園陸上競技場の備品購入費用としてシンガポール赤十字社から寄付金をいただいた。宮古運動公園陸上競技場は、東日本大震災で全壊したが、復旧工事を行い、平成29年7月12日に落成式を開催した。シンガポール赤十字社からの寄付金が、宮古運動公園陸上競技場の復活に大きく貢献したことから、さらなる交流を願い、ホストタウンとなった。

相手国
・地域
× 競技

  • ナミビアの国旗 ナミビア

    競技調整中

  • シンガポールの国旗 シンガポール

    競技調整中

  • 基本情報
  • 自治体MAP
  • 関連リンク
  • 自治体名

    岩手県宮古市

    住 所

    岩手県宮古市宮町一丁目1番30号

    電話番号

    0193-62-2111

    ホストタウンの種類

    復興ありがとうホストタウン

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え