岡山県倉敷市

我が国とニュージーランドの姉妹都市第1号として、倉敷市とクライストチャーチ市は半世紀近い市民交流が続いており、ホストタウン第1次登録を契機に、両市の友好を礎としてホストタウン事業の交流が活性化しています。障がい者スポーツ交流、高校生による英語でのおもてなし、ニュージーランド大使館との連携事業、ホストタウンフェスティバルではカパハカ団の来倉で伝統のマオリ文化を体験。事前キャンプでは、ウエイトリフティングニュージーランド代表候補選手、世界水泳選手権大会に臨む水球女子ニュージーランドナショナルチームが来倉。市民の応援機運が高まる中、「KIWI応援団くらしき」はニュージーランドからの来日応援団とともに全力で選手を応援します。

ホストタウンになった経緯

1973年、倉敷市は我が国初のニュージーランド(クライストチャーチ市)との姉妹都市になりました。約半世紀に渡る文化・芸術・観光・教育など幅広い相互交流の実施に加え、2011年のクライストチャーチ大震災に対する倉敷市独自の救助隊派遣をきっかけに両市の友好の絆は国レベルの友好へ深まり、このような状況を背景とし、姉妹都市交流を礎として第1次登録団体となりました。

相手国
・地域
× 競技

  • 基本
    情報
  • 自治体
    MAP
  • 関連
    リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え