静岡県牧之原市

牧之原市は事前キャンプの受入れ、大会後に選手に訪問してもらう「ただいま・おかえりホストタウン」です。サーフィンチームの皆さんがベストを尽くせるように市民一丸となってチームをサポートします。また、競技終了後にはリラックスして当市に訪れてもらえるよう皆さんをおもてなしします。

ホストタウンになった経緯

当市のサーフィンの歴史は古く、昭和40年頃、湘南や千葉に次ぎ、静岡県内では初めてサーフィンが親しまれた場所と言われています。今では十数軒のサーフショップやサーフボードメーカーが並び、全国でも有名なスポットとなっており、国内外からも多くのサーファーやシェイパーなどが訪れています。当市は古くからサーフィンが親しまれてきた土地であることを活かし、サーフィンの事前合宿を誘致してきた経緯があります。今後もスポーツ、文化、教育、経済などを通じて交流し、地域の活性化に活かしていきます。

相手国
・地域
× 競技

  • 基本
    情報
  • 自治体
    MAP
  • 関連
    リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え