鹿児島県鹿屋市

■タイ
 ○タイ女子バレーボールナショナルチーム合宿(平成30年7月)タイの選手を多くの市民が出迎え、文化・スポーツ等の交流を行った。
  ・高校生によるおもてなし等歓迎レセプションにおいて、高校生による和太鼓演奏や空手の演武の披露、GAP食材を使った料理のふるまいを行った。また、エキシビジョンマッチにおける審判補助や取材を通じ交流を図った。
  ・保育園児の手作り金メダルの贈呈など、市民が一体となり歓迎した。
 ○タイ男子バレーボールナショナルチーム合宿(令和元年8月)・テストマッチや、小学生のバレーボール大会においてバレーボールを通じた交流を図った。
  ・特産品のさつまいもの収穫体験等により交流を図った。
 ○オリンピックバレーボール最終予選パブリックビューイング(令和2年1月)市民約100人が集まり、タイ女子バレーボールがオリンピックに出場できるよう応援。
■スロベニア
 ○事前視察を受け入れ、練習環境の視察や日本文化の体験、市民との交流を行った。

ホストタウンになった経緯

■タイ約40年前から続く全国に在住する外国人留学生が生活体験を通して交流する「からいも交流」や、タイの農村部の青年が農業研修を行う「カラモジア交流」の民間レベルの交流がタイをはじめとする各国と続いていた。また、鹿屋体育大学の教授とタイバレーボール協会関係者と親交があったこと等から、タイ関係者に事前視察を案内し、鹿屋体育大学や練習会場の整備が整っていることや、自然が豊かであること、鹿屋市民のおもてなしが良かったこと等を評価していいただき、ホストタウンとして登録を受けたところである。
■スロベニア鹿屋体育大学教授とスロベニア女子柔道監督の人的ネットワークがあったことを契機に、誘致活動を行い、ホストタウンに登録された。

相手国
・地域
× 競技

  • 基本
    情報
  • 自治体
    MAP
  • 関連
    リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え