共生社会ホストタウン

静岡県伊豆の国市

1.モンゴル国柔道ナショナルチームとの交流2017年度から日本国内で行われる国際大会の際に、伊豆の国市で強化合宿を行うほか、市内で行われる少年柔道錬成大会への参加や学校訪問などを実施しています。少年柔道錬成大会では、モンゴル国柔道ナショナルチームと大会に出場する県内外の小学生が乱取り稽古を行い、小学生が大きい代表選手を相手に技をかけるなど、貴重な機会となっています。また、2019年度は市立長岡中学校を訪問し、バレーボールを通じたスポーツ交流や給食を行った他、日本の伝統文化に触れてもらうことを目的に着物や甲冑の着用体験を行ったり、静岡県立田方農業高校の生徒達が作ったGAP食材「田農牛乳」のおもてなしも行いました。2.モンゴル柔道アカデミー小学生との交流少年柔道錬成大会に出場するほか、市内柔道スポーツ少年団と一緒に稽古をしており、切磋琢磨しています。学校訪問も行っており、2019年度は市立大仁小学校を訪問しプログラミングと体育の授業を受け、体育では縄跳びと跳び箱に挑戦し、大仁小学校の生徒が飛び方のコツをアドバイスしていました。

ホストタウンになった経緯

伊豆の国市は、モンゴル国ウランバートル市ソンギノハイラハン区と都市交流を行っていることをきっかけとし、2015年8月にモンゴル国と東京2020オリンピック・パラリンピック柔道競技の事前キャンプに関する覚書を締結し、国が推進するホストタウン登録を行い、モンゴル国のホストタウンとなりました。

パラリンピアン等との交流

モンゴルのパラ柔道選手団を受入れ、事前合宿時の壮行会や大会後の学校訪問等の市民交流を行う。また、毎年2月に開催される市駅伝(約700名参加)において、2018年度は競泳のパラリンピアンを招待し講演会を実施した。今後とも、スポーツイベントにおけるパラリンピック関連の講演会や競技体験等を通じ、市民のパラスポーツへの理解を深めるほか、多様性理解や心のバリアフリーを促進していく。

相手国
・地域
× 競技

  • モンゴルの国旗 モンゴル

    柔道 / パラ柔道

  • 基本情報
  • 自治体MAP
  • 関連リンク
  • 自治体名

    静岡県伊豆の国市

    住 所

    静岡県伊豆の国市長岡346番地の1

    電話番号

    055-948-1460

    ホストタウンの種類

    共生社会ホストタウン

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え