復興ありがとうホストタウン

岩手県雫石町

雫石町は、平成30年4月に「復興ありがとうホストタウン」登録を受けた、事後交流型の「ただいま・おかえりホストタウン」です。 「復興ありがとうホストタウン」登録以降、交流都市訪問団の日本文化体験の様子(5月)やドイツ人パラアスリートであるハインリッヒ・ポポフ選手講演会(10月)開催に際し、町内の中高生女子生徒6名が取材を行い、その内容を基に震災当時の活動への感謝の気持ちや復興状況を表すポスターを制作。翌年2月にドイツを訪問し、交流のある2つの都市の学校や市役所、ドイツオリンピックスポーツ連盟(DOSB)などにポスターを直接届けました。また、ドイツ訪問時には、ドイツ競泳チームのコーチや代表候補選手と面会する機会があり、大会後交流を要望し、口頭ではありますが内諾を得ました。 平成31年1月と令和2年1月には札幌在住ドイツ人シェフによる料理教室、ドイツ大使館職員を招聘してのドイツ文化講演会を開催したほか、ボッチャ体験会やトヨタ自動車野球部による野球教室などのイベントを通じて、町民の大会機運の醸成を図りながら、東京大会期間中に来日する予定のドイツ訪問団との交流、事後交流に備えています。

ホストタウンになった経緯

平成7年、雫石町国際交流協会とドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルグ州バードビンプフェン市は、相互交流の覚書を締結し、生徒・学生がホースステイをしながら互いの文化を体験する交流を平成10年から実施。平成16年からは隣接するネッカーズルム市も交流に加わり、これまで毎年のように相互訪問による交流活動を展開。 平成23年3月の東日本大震災発生直後、両市では、雫石町を訪問したことのある学生を中心に「学校が学校を救う」をスローガンに、市民を巻き込んだ募金金活動を展開し、その善意が町国際交流協会を通じて沿岸被災地に届けたことがきっかけで、平成30年4月に「復興ありがとうホストタウン」に登録となった。

相手国
・地域
× 競技

  • ドイツの国旗 ドイツ

    競技調整中

  • 基本情報
  • 自治体MAP
  • 関連リンク
  • 自治体名

    岩手県雫石町

    住 所

    岩手県岩手郡雫石町千刈田5番地1

    電話番号

    0196924181

    ホストタウンの種類

    復興ありがとうホストタウン

Activity
Notice

2020.07.27 Released exclusive website for Host Town
“WE ARE ALL, ONE WORLD Light up HOST TOWN Project”

About the icons
Sort by date, event type, etc.

Activity
Report

Report of past Host Town activities
for Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games

About the icons
Sort by date, event type, etc.