岡山県矢掛町

美しい山と川に恵まれた矢掛町は、山陽道の宿場町として栄えた歴史のまちで、岡山県南西部にあります。古民家や空き家を活用し、地域を活性化させている取り組みが、イタリアのアルベルゴディフーゾ協会から日本で最初の公式認定(分散型ホテル)を受けたことを契機に交流が始まりました。古くから残る町並みや田舎ならではの伝統や文化を活かし、イタリアの東京パラリンピック出場選手等を大会終了後に交流を行う「ただいま・おかえりホストタウン」として受け入れるとともに、その経験をレガシーとしたグローバル社会・共生社会に対応したまちづくりを行います。

ホストタウンになった経緯

古民家や空き家を活用し、地域を活性化させている取り組みが、イタリアのアルベルゴディフーゾ協会から日本で最初の公式認定(分散型ホテル)を受けたことを契機に交流が始まりました。

相手国
・地域
× 競技

  • 基本
    情報
  • 自治体
    MAP
  • 関連
    リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え