復興ありがとうホストタウン

岩手県二戸市

2019年3月、駐日ガボン共和国特命全権大使が本市を訪問し、ホストタウン受け入れに期待する旨の発言をいただいたことを受け、この機会が、将来的な経済交流発展のきっかけになるとともに、市民の異文化に対する理解促進、交流発展の絶好のチャンスとなること、また、ガボン共和国の皆さんが、これまで本市が築き上げてきた歴史や文化に理解を深めていただくことで、新たな国際交流と地域の活性化につながり、双方の子どもたちが、地域に愛情を持ちながら国内外で活躍できる人に成長するきっかけとなることを目指す。

ホストタウンになった経緯

東日本大震災にあたり、ガボン共和国から100万ドルの義援金が日本赤十字社宛に贈られた。本市への被害は比較的軽微なものであったが、県内や宮城県、福島県の被災市町村から、多くの方が避難され、一定期間本市での生活を余儀なくされた方もおられた。義援金は日本赤十字社を通じ、被災者、避難者への支援に充てられ、暮らしに対する不安の軽減につながった。このことに心からの感謝を伝え、二戸市とガボン共和国の住民単位の交流につなげていきたいという思いから、ホストタウンになることを決めた。

相手国
・地域
× 競技

  • ガボンの国旗 ガボン

    競技調整中

  • 基本情報
  • 自治体MAP
  • 関連リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え