共生社会ホストタウン

山梨県富士河口湖町・鳴沢村

2018年、2019年と日本で開催されたトライアスロン世界大会の事前合宿としてフランストライアスロンチームを受け入れ。その際には、監督が地元の小学校を訪問したり歓迎セレモニーで子供たちの合唱発表があったりと交流を育む。大会には大型バス1台で町民・村民の大応援団を派遣し、チームとの交流を図る。トライアスロン教室やスポーツ義足体験授業、パラリンピアン(パラトライアスロン選手)を講師に迎え中学生を対象にした講演会を実施するなど機運醸成に努めている。また、2019年7月にはフランスで開催された「Japn Expo 」にホストタウン事業の紹介ブースを出展し、現地のフランス人の生の声を聞くことができた。

動画

動画

フランストライアスロンチームからのプレゼント

URL:https://www.youtube.com/watch?v=pp5uQyWJ7K8

ホストタウンになった経緯

富士河口湖町と鳴沢村は、富士山の麓にあり四季折々の美しい豊かな自然を求めて国内外からの多くの人々が訪れる国際観光地である。外国からの来訪客は、アジア圏からの観光客が特に多いが、観光立町実現のため大会後の観光振興施策の推進に向けヨーロッパ圏とのホストタウンは大変重要であるため、共同でフランスを相手国としてホストタウン申請し、2016年12月9日に登録された。また、富士河口湖町はパラリンピアンの事前合宿受入を契機に、各地における共生社会の実現に向けた取組を加速し、2020年以降につなげていく共生社会ホストタウンに2019年10月11日に登録された。

パラリンピアン等との交流

・2018年5月に2018ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会の事前合宿にフランスパラトライアスロンチームを受け入れ、公開練習を実施。また、パラトライアスロン監督が地元小学校を訪問し小学生と交流する。・2019年8月にITUパラトライアスロンワールドカップ東京大会の事前合宿にフランスパラトライアスロンチームを受け入れ、公開練習を実施。また、歓迎セレモニーを実施し地元幼稚園生、小中学生が合唱を発表し選手と交流を図る。・2019年11月に、パラトライアスロン選手を招き中学生を対象にした講演会を実施。

相手国
・地域
× 競技

  • フランスの国旗
    フランス

    トライアスロン / パラトライアスロン

  • 基本
    情報
  • 自治体
    MAP
  • 関連
    リンク
  • 自治体名

    山梨県富士河口湖町・鳴沢村

    住 所

    山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700番地

    電話番号

    0555-72-1111

    ホストタウンの種類

    共生社会ホストタウン

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え