東京都豊島区

【バングラデシュについて】日本で暮らすバングラデシュの人たちによる正月祭り(ボイシャキ・メラ。バングラデシュではベンガル暦により4月が正月)が平成12 年から池袋西口公園で毎年開催されています。バングラデシュ人に親しまれるようになった池袋西口公園にモニュメントを寄贈したいと同国政府からの申し出を受け、平成18 年ショヒドミナールのレプリカが設置されました。【セントルシアについて】令和元年12月10日、「世界友だちプロジェクト」の対象国の一つとしてセントルシアを取り上げている仰高小学校で、区内在住のセントルシア人・青木マーガレットさんによるセントルシアについての授業を行いました。当日は、青木マーガレットさんを歓迎する三年生の児童による「よさこい踊り」からスタートし、青木さんからセントルシアの人々の暮らし、食べ物、学校の様子について紹介されました。 最後はセントルシアの子どもたちの遊びチャイニーズ・スキップ(ゴム飛び)をみんなで楽しみました。また、令和2年1月18日には、青木さんを講師に、みらい館大明にて国や文化を理解するセミナーとセントルシア料理の料理教室と懇親会を開催しました。

ホストタウンになった経緯

【バングラデシュについて】日本で暮らすバングラデシュの人たちによる正月祭りが平成12 年から池袋西口公園で毎年開催されています。同年2 月からは毎年、「言語運動受難者の功績を称える献花式」が開催され、毎回区長(もしくは代理)が出席しています。こうした長年にわたる交流を重ねてきた中、平成30年4 月、バングラデシュの駐日大使からホストタウンになってほしいとの依頼がありました。これを受け、検討・登録申請手続きを経て、平成30年10 月31 日に登録されました。【セントルシアについて】平成30年10月、内閣官房の担当者より、セントルシアのホストタウンとなってもらいたい旨の相談を受けました。同月には、区内在住のセントルシア人・青木マーガレットさんとお会いし区主催の国際交流イベントにも参加してもらう事になりました。また、同年11 月下旬、来日したセントルシアのオリンピック委員会会長(同国文化担当大臣兼務)が区長と議長を表敬訪問し、ホストタウンになることを検討してほしいと公式な依頼がありました。これを受け、検討・登録申請手続きを経て、平成31年4 月26 日に登録されました。

相手国
・地域
× 競技

  • バングラディシュの国旗 バングラディシュ

    アーチェリー

  • セントルシアの国旗 セントルシア

    陸上競技

  • 基本情報
  • 自治体MAP
  • 関連リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え