岡山県赤磐市

新型コロナウィルス感染拡大の影響により、2020年6月に予定していたNZ代表女子ホッケーチームの来日、本市での事前キャンプは延期となりました。赤磐市では、直接は会えなくてもできる交流やサポートを続けていこう、ということでさまざまな企画を考えています。NZとの心のつながりを深めようと応援メッセージを伝えるビデオレターを作成したり、虹の絵やメッセージをかいたりして、NZ代表女子ホッケー選手やNZの方々へ送る準備をしています。2021年オリンピック開催中には、赤磐市民が東京現地で応援観戦するツアーを組んだり、赤磐市内でパブリックビューイングを開設し、チームを応援したりする予定にしています。その他、オリンピック終了直後には、NZからのサポーターを限定で市にお招きし、地元の住民と交流し、「日本の田舎体験」「日本文化体験」をしていただく計画です。赤磐市の魅力をニュージーランドの方々や選手の皆さんに知っていただき、今後も交流を深められたらと思っています。

ホストタウンになった経緯

本市は、岡山県で唯一のホッケー競技可能な人工芝施設を有し、「おかやま国体」でのホッケー競技開催地であり、ホッケー競技が盛んに行われている地域である。ニュージーランドはホッケー競技が盛んで、過去のオリンピックにも参加しており、ホッケー競技のオリンピックへの出場の可能性が非常に高い国である。そのため、ニュージーランドを対象国としてホッケー中心にした交流を図っていきたいと考えた。また、平成24年から平成26年には、赤磐市の中学生のショートホームステイをニュージーランドで実施した過去の経緯もある。 2018年5月、10月に2回、市の担当者がニュージーランドを訪問し、ホッケー連盟CEOや同国代表ヘッドコーチと交渉を行ってきた。その後、2019年1月には、市長・議長・教育長・担当者がニュージーランドを訪問し、東京オリンピックキャンプ誘致の交渉を行った。オリンピック開催前、期間中、閉会後選手・チーム関係者・選手の家族、サポーター等関係者と交流を図りたいとの強い思いをニュージーランド側に伝えてきた。

相手国
・地域
× 競技

  • ニュージーランドの国旗 ニュージーランド

    ホッケー

  • 基本情報
  • 自治体MAP
  • 関連リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え