千葉県成田市・佐倉市・印西市

成田市においては、2017年から、毎年度アメリカ陸上競技連盟にコーチを紹介してもらい、指導している選手とともに招聘し、小・中学生対象の陸上クリニックや高校生との交流、指導者向けクリニック、成田山新勝寺における文化体験など、様々な交流をしている。また、同じホストタウンである佐倉市、印西市や、復興ありがとうホストタウンで同じくアメリカ合衆国を交流の対象国とし、陸上競技による交流を計画している岩手県大船渡市にも声をかけ、陸上クリニックに参加してもらうことにより交流の輪を広げている。他にも、米国大使館に協力してもらい、米国空軍太平洋音楽隊による市民向けコンサートを開催するなど、文化的な交流も実施している。佐倉市、印西市においても2019年にコーチ2人を招聘し、成田市と大船渡市にも声をかけ、小・中学生対象の陸上クリニックを開催している。

ホストタウンになった経緯

2015年世界陸上北京大会の際に、千葉県・成田市・佐倉市・印西市・順天堂大学で事前キャンプの受入れを行ったアメリカ陸上チームについて、東京2020オリンピックにおいても事前合宿を受け入れることで合意したことから、アメリカ合衆国を交流の対象国としたホストタウンとして登録。

相手国
・地域
× 競技

  • 基本
    情報
  • 自治体
    MAP
  • 関連
    リンク

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え