兵庫県丹波篠山市

丹波篠山市は、東京から約500km離れた関西地方の兵庫県にある面積約380K㎡、人口約4万人の、城下町の風情を残したユネスコ創造都市ネットワークに加盟する日本遺産のまちです。丹波篠山の中心には篠山城跡があります。今も立派な石垣が当時のまま残っており、それを取り囲むようにして城下町の町並みが広がっています。丹波篠山の町並みや文化は京都の影響が色濃く反映されており、実際に城下町を歩いてみると、あちこちに京都のような町並みを発見できます。また、文化庁が2015年に創設した制度「日本遺産」。その第一期目に選定された全国18件の日本遺産の中で、丹波篠山市のデカンショ節を要にしたストーリー「丹波篠山 デカンショ節−民謡に乗せて歌い継ぐふるさとの記憶−」が認定されることになりました。さらに、2017年には「きっと恋する六古窯−日本生まれ日本育ちのやきもの産地−」として、六古窯の1つである丹波焼の産地として2つ目の日本遺産に選ばれました。 丹波篠山が世界に誇るブランドの丹波黒大豆やユネスコ創造都市ネットワークのクラフト・フォークアートの丹波焼の伝統文化に触れていただく心の癒しを提供いたします。

ホストタウンになった経緯

バハマ国とは、同じユネスコ創造都市ネットワークに加盟して交流があり、バハマ国との交流を通じ丹波篠山市を担う子どもたちが、東京オリンピック・パラリンピックに対する興味、情熱の高揚につながることで、市民の活力が増進され、食、文化、スポーツ等のあらゆる側面から両国の理解と市の活性化につながる効果が期待できることから、ホストタウン誘致に取り組むこととしました。台湾国、プエルトリコ国との共生社会ホストタウンについては、丹波篠山市では「全国車いすマラソン大会」を開催し、3,000人が集う障がい者との音楽による交流を行う「とっておきの音楽祭」を開催するなど障がい者の学習環境、障がい者スポーツの支援や交流を深めてきました。台湾、プエルトリコのパラ選手との交流を通じて市民の心のバリアフリーの意識を高める契機とし、障がい者と共に生きるまちづくりをさらに進めるため、共生社会ホストタウン誘致に取り組むこととしました。

相手国
・地域
× 競技

  • 基本
    情報
  • 自治体
    MAP
  • 関連
    リンク
  • 自治体名

    兵庫県丹波篠山市

    住 所

    兵庫県丹波篠山市北新町41番地

    電話番号

    079-552-1111

活動予告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動予定をご紹介します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え

活動報告

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた、
ホストタウン交流の活動を報告します。

アイコンの説明
日程・イベント種別などで並び替え